トップトレーダーの空売り手法

たった4ヶ月で1億4000万円を手にしたサラリーマントレーダーの秘密

  



空売りとは?


株式を所有せずに、他人から借りてきた株券(実際は証券会社などから借りる事となる)を用いて売却を行うことです。

近い将来に株価の下落を予想している場合において、現時点の株価で売却し、借りてきた株券で決済を行い、株価が下落した時点で買戻しを行うと同時に貸主に株券を返却します。

結果として売却時点での価格と買戻し時点での価格の差し引き分が利益となります。

空売りは、株を買う場合とほとんど変わりませんが、信用取引口座を開設する必要があり、各証券会社で開設できますが、証券会社により空売りが可能な対象銘柄が異なります。



下げ相場になっても資産を増やし続けられる?


それは、「空売り」を上手に行っているからなのです。

もちろん、感情に左右されずに自分のルールに忠実にトレードを行う事が第一前提ですが・・・

もし、あなたが空売りで利益を上げたいと思っているならば、あなたもこのルールに忠実に従わなければなりません。

そうすれば、あなたの空売りの収益も一変するでしょう。

空売りを制すれば投資チャンスが増え、あなたは株式投資で上昇・下降トレンドで取引ができるようになります。

それは特別な事ではなく、空売りの技術と心理を身につける事で、初心者にでも可能なことなことです。


まだ信用取引をやってはいけない人とは?


取引きの基本を理解しないでの投資は無謀です。

信用取引を行う際はレバレッジに対する考えが重要です。

それを知らずに取引をするとライブドアショックに退職金全て投じ取り返しのつかないようになったりするのです。


信用取引口座を開設すれば、これまでの約3倍の売買が出来ますが、このレバレッジに対する注意点があります。

信用取引を始めると同一銘柄にこれまでの3倍の、資金投入ができ、利益がこれまでの3倍になると考え、ついいつもよりも一度に沢山買いたくなりますが、それでは、リスクが大きくなります。

マーケットからの退場リスクを最小限に抑えなければなりません。


空売りに必要な3つの考え方とは?


本来、初心者の投資の王道というのは、全体相場が上昇トレンドにある時に、上がり続ける銘柄の上昇トレンドの波を捉えるというものですが、下げ相場においては、これができません。

しかし、この3つの考え方を理解することによりトレンドの波を正確
に捉えて、リスクの少ない投資が自然にできるようになります。

たったの4ヶ月で1億6000万円稼ぎだしたすべてのノウハウの秘密をあなたにもお教えいたします。

>>>トップトレーダーの空売り手法

Copyright (C) 2011 All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。